トップへ戻るひとつ前へ戻る お問い合わせ
>>小刀>ダマスカス小刀 カートの中を確認する運営者の紹介お支払い・発送方法

播州三木鑿鍛冶 柴野さんのダマスカス付切り出し小刀


情報化社会を迎え、知りたい詳細情報が手軽に手に入る現在において、刃物の発注主の銘のみが通る時代は、終わりを迎えようとしております。
 

 鑿鍛冶の柴野さんの 作品です。色々な問屋名の良い鑿を作ってこられました。一世風靡し東北地方まで大売れと聞きます。
色々な意匠の刃物を作ることに 熱心で、面白いなと感じていただけると思います。

我々の口コミでは、隠れた名工として特に一品誂え物では 大変お世話になっております。
良い炭素鋼に見られる 下ろし初めにポコンと欠けることが多々ありますが、以後すこぶる安定し、切れ味の肩の軽さゆえに やや鈍角に研いで、口切りと差のみ併用型として使うことの出来る 言わば ”下がり輪付き強撃可能差鑿”と評価されるような脅威の性能を誇る鑿を世に送り出し、白紙炭素鋼の他に、珍しい昭和の古い時代のサンドビックもこなします。

 訪れる際に、日ごろ使っております私の大工手道具を持って行くことにしており 質問攻めに遭います。
使っている立場の人は どのような思いがあるのかというところに 非常に興味を抱いていらっしゃいます。
現在も、新たに一つご提案させていただいた面白刃物作成中です。

鋼種 鋼材 鍛接法 低温還元による和鋼の研究も熱心で、非常にお勉強になります。
色々な古い珍しい鋼材を持っていらっしゃいます。
苦労して 身に付けられた様々な知恵を 惜しむことなく教えてくれます。

 播州鍛冶には 古くから木目や墨流しの地金の技法がございましたが、最近では多くの鍛冶屋さんがこなしております。

尚、この地金の材には、福井県武生製鋼 の予め積層された材を用いており、これを更に練って折り返して模様をなすのですが・・・ 砥石への食いつきが、思いのほかよろしく、非常に下ろしやすいのです。
セオリーに反し、理由すら分かりません。柴野さんも「全く分からんわ!」とおっしゃっておりました。


目は、地金が錬鉄 釜地 錨鉄 と呼ばれる融点かつかつで精錬された不純物と 気泡が多く混在した鉄 を地金として、更にある処理を加えて 木目を出します。また気泡がドレッサーの役割も担い、非常に研ぎやすいです。勿論炭素度数が低く とっても柔らかです。
この地金から作られ且つ ある処理を施されたものが 『木目地』 と呼ばれてます。

流しは、中世より西洋にもあった技法で、鉄とニッケル鋼板を積層させ ダマスカス(Damascus)と呼ばれ、耐食性が格段に向上します。
現在の普通刃物に用います墨流し地金は、炭素度数にむらを持たせて 作ってあります。
光って浮き出たところが 炭素度数が少し上がってますので、多少下ろすのに苦労します。
就労用として多く出回っていないのは こういった理由もあります。
 

 裏は縦鋤で押しはと横押しですので 縦横のコントラストがはっきりしてご覧のように クッキリ浮き出て美しいです。
ささやかなお手間を惜しまず 美しく見せる刃物を作ることに懸けていらっしゃいます。
品位の高さを汲み取っていただけますと、有り難く思います。

 材:(炭素度数1.3を超えるス50年以上前のウェーデンアッサブ鋼。出所は、市○と同じもので相当古いものです)

 桐箱入り

 

size
数量
  \9,400


back page

 TOP

Copyright (C) 2006 Fujibato.com Corporation. All Rights Reserved