トップへ戻るひとつ前へ戻る お問い合わせ
>>小刀>木目孔雀型小刀 カートの中を確認する運営者の紹介お支払い・発送方法

播州三木鑿鍛冶 木目孔雀型切り出し小刀


 播州鍛冶には 古くから木目や墨流しの地金の技法がございましたが、最近では多くの鍛冶屋さんがこなしております.
薄付けはガねには 技能を要します. 木目地が最も柔かで 研ぎやすいです.
断面も かまぼこ型で重量感あります.

最も研ぎやすく、扱いやすい小刀として、ご紹介いたします.


目は、地金が錬鉄 釜地 錨鉄 と呼ばれる融点かつかつで精錬された不純物と 気泡が多く混在した鉄 を地金として、更にある処理を加えて 木目を出します。また気泡がドレッサーの役割も担い、非常に研ぎやすいです。勿論炭素度数が低く とっても柔らかです。
この地金から作られ且つ ある処理を施されたものが 『木目地』 と呼ばれてます。

流しは、中世より西洋にもあった技法で、鉄とニッケル鋼板を積層させ ダマスカス(Damascus)と呼ばれ、耐食性が格段に向上します。
現在の普通刃物に用います墨流し地金は、炭素度数にむらを持たせて 作ってあります。
光って浮き出たところが 炭素度数が少し上がってますので、多少下ろすのに苦労します。
就労用として多く出回っていないのは こういった理由もあります。
青紙をつけていますので更に研ぎずらいかな?と感じるかもしれませんが、永切れと切れ味はおいしいです。 

 裏は縦鋤で押しはと横押しですので 縦横のコントラストがはっきりしてご覧のように クッキリ浮き出て美しいです。
ささやかなお手間を惜しまず 美しく見せる刃物を作ることに懸けていらっしゃいます。
品位の高さを汲み取っていただけますと、有り難く思います。

 材:ヤスキ白紙2号、古い橋梁鉄


size
数量
\14,000


 

back page
  TOP