トップへ戻るひとつ前へ戻る お問い合わせ
>天然砥石>HGAL数値について 
   <サイズ規格について>  <用語について>    
カートの中を確認する運営者の紹介お支払い・発送方法


 HGALとは Hなお姉さんの意味ではありません。天然砥石のプロファイルに関する 健全な表記として定義づけします。


健全で分かりやすくお伝えするための表記です。
虫眼鏡でしっくり眺めて観察しているわけではありませんので、思うところとは多少ずれがあるかも知れません。
私は、現役職人からの目線で見ていますので そのあたりもお心置きください。
数値が上がるほど、各ファクターの強さを示すものとします。
鉛筆で石に書き込んでいます。
インクは、厳選に厳選を重ねた特殊インク。ダイヤでさっと刷れば消えます。
HG (ハードゲイではありません)数値は 各用途によって思いは様々ですが、AL数値は、単純に石のお力を示す指標としてお役立て下さい。ALは大きければ 大きいほどうっとりすると思います。
A=1の石は、ホント使えません。びっくりするほどおりません。
試してみたいお方は、お知らせ下さい。
各項目+や△が付いている物は 私の大雑把な感覚での補正値とお考え下さい。
+は上乗せ補正。△は削減補正。

  • H(硬) とは Hardness 石の硬さです。
  • G(粒) とは Grit 石の生地の細かさを指します。
  • A(研) とは Abrasion power 石の研磨力を指します。但しGの細かさから見たときのAです。
  • L(滑) とは Lightness when we try to sharpen 研ぎの軽さを言います。
記号 範囲 凡例 研ぎの動画・画像
H
1-5 1.赤ピン・高島浅層系
2.曇り砥
3.一般
4.風の入った東物・東物上板
5.カチカチ

1,5++,5+++
G
1-3 1.音のする巣板・下ろし特化石
2.曇り系・刃黒光りまで
3.刃鏡面、底光り


3+++
A
1-3 1.合石 日照り山など
2.本石一般
3.東物・各山名門力ある石



L
1-3 1.八木の嶋戸前 錆身系
2.一般
3.各山名門 滑走感溢れるもの





>>サイズ規格


 砥石は、単位 甲(こうり)が山により決まった額面を示し、ひと甲あたり何個だということをそのままサイズ呼称として起用してきました。

数が少ないほど大きな石であると分かります。

呼称(ひと甲 当りの本数) 寸法 ひと甲当たりの価格 実勢価格
原石・24型長尺   算定外  
24型 218*78 100% \37,500
30型 205*75 \30,000
40型 205*75 角落有 \22,500
60型 195*70 80% \12,000
80型 180*63 60% \6,750
100型 160*58 50% \4,500
昆布砥   算定外 \10,000
レザー 136*82 \4,000

  \3,000
鎌砥   \2,000
       

例えば ひと甲 30万だとしますと 30型一本一万円となります。 同様に60型ですと0.4万円ですね。

こうやって見てみますと、60型から上が急に高額になってしまうことが確認できます。
60型で 辛抱できれば、力ある石を良い価格で購入できるチャンス。





>>よく出る単語


針【hari】 飛び金ともいい当たる。しばしば刃こぼれとなる。乱立して現れることが多く、この層は叩き割る以外道はなし。
石粒 【butsu】 ぶつと読む。読んで字の如く、石が出る。必ず刃こぼれし最悪。ポンチで飛ばすこと。
生筋 金筋 主に黄鉄鉱が多く入った 線状の模様で、そこだけ膨れ当たる。引掛かる研ぎ感で嫌われる。しばしば刃欠けする。筋だけ溝入れして使えば問題ないが、美観と手間が惜しい人は見送り。筋の本数で著しく価格が落ちる。
死筋 安全無比な線状の模様の代表。当たることすらなく、研ぎ感にも差し障りなく、あとは美観だけの問題。
筋の生き死にだけは研いで見ないと分からない。
焼け【yake】 茶褐色で周りより硬質であることが多い。余りに濃いと当たる。(引掛かる)
環巻【kan】 かんと読む。木目状に何層も出ており、色も様々。余りに濃いと当たるが、適度なものは何の差障りもなく ダマスカスとか墨流しとかしばしば呼ばれ 最近人気に火がついてきてる。
皮・肌 【kawa・hada】 原石のふちについている。 茶色や黒色の石。叩けば良くまくれる。見た目によろしく無いので、製品版ではほぼ見ることは無い。この顔色で山や層の検討が付くらしい。使うに差し支え無し。
本石 【Honishi】 研磨力あり、硬度全般、掘削コスト大=高価、筋多し、しかし実用向き。案内させていただく石は全て本石。
合い石 【aiishi】 地図で見られる赤い山です。
研磨力なし、中〜軟多い、屑値、筋なし美品多し、故 法外価格で売る者在り。見た目は超高級本石が多いため。散財留意すべし。綺麗なバラには棘有。
間府【mabu】 坑道の入り口のこと。通常一つの山に複数開いている。
中山の場合は主に3つで高度の高い順に桜・おおまく・泉と呼ばれる。
おおまくと同じ高さで、北の反対側から猪尻の間府があるが埋没。
風が入る 【kazegahairu】 鉱脈に亀裂や水が流れ込むと、風化作用と酸化作用などにより、色が付いたり 柔らかになったりする。これを風が入ると呼ぶ。
各山に必ずといってよいほどあり、赤ピンはその典型。
菖蒲は良く風が入っているものがあり、内曇発祥とされる。

 下のほうの層でも風が入りますと、甘くなったり、発色する。

地を挽く
【jiwohiku】
比較的柔らかな、地金部分に砥石が刺さると思われ、地金・砥石面共に傷だらけになります。
東物(梅が畑)の正本山の石に良く見られ、原石を開ける事無く厚さを優先した層に習った取り方をしなかったり、横桟で取った場合このような結果になります。
妙に厚い石には気をつけるべき。
つる
【tsuru】
鉱脈のこと。斜めに立って並ぶことが多く、水平近くへ寝れば新田のように二方向にヘキ開性を持つ。
断層を挟むと、ツルが途切れ飛ぶが、一般的に西上方に飛ぶとされている。

  • 京都の愛宕のお山を中心に 鉱山が点在しているのですが、石職さんの二酸化珪素系塵肺への健康リスクへの懸念と大工職人が抱く石への執着の忘却などにより 採算性があわず閉山となったお山も多くあります。

  • 露天堀もあるなか 多くはほぼ水平に200m以上掘ると聞きますが、水平だけにかなり水没と落盤が怖いらしく 後継者の為にと、奥に赴く職人は お年寄りから順番に並ぶらしいです。

  • 古きよき昭和のころでは 大工職人の4倍お手間がいただけたとも聞きますが塵肺と事故のため 30代でなくなる方も多かったと聞きます。

  • 堀初めに 巣板の層があって 次に戸前層です一般的に戸前層20以上層があるといわれ、この中から緑・黄・灰・うす青といった 俗に言う本山と呼ばれるものが取れます。
    当初本山というのは 鎌倉時代のころ石を採掘し始めた鉱山を指し、後 色が均一な戸前層の石全てを指すようになりました。ですから 何でもかんでも色の均一なこぎれいな石は本山と張り紙があるのです。
    戸前層掘り進んでいくと刀剣用の曇り砥もしばしば出ます。終点近くに僅かながらカラスが出ます。そこから向こうはただの石です。

    お山によって硬さの傾向は出ますが層の深さによっても硬さやキメはまったく異なります。
    よろしくお願いします



  

Back Page

top